なんか重苦しい記事になってしまった。でも、私がピアノ弾き頭髮保養だから、ことさら、カッかしている。そういうことではないと思う。

著作権とはその個人の人権のことであるから、もし、えっ、あっそぉーーーなどと、今更気付いているようではねぇー、ブログを書くという営為の本質を、まず、認識してから始めた方がいいと思う。実名でも、ハンドル名でも、匿名でも「他人へ向かって書く」、他人を舐めない方がいいですよ。物を書く本質を理解しないでブログなんぞ、本末転倒である。

追記

この記事のアップ、躊躇した。誤解を受ける感じがした。なんか「私」「私の立ち位置」が高尚なものであるといった風に読まれると苦しい。でも、アップすることにした。私の存じているブロガーさんたちには分かって頂けると判断したからである。うん、真面目人間ではあるのだけれど???、ちょっと違うな、私は結構ヒューマンだし熱いところがある。理不尽なことを飲み込めない愚鈍で不器用で馬鹿なのだ。へっ、こういうのを馬鹿力というのである。
 「裕イサオ様、弊社へお問い合わせを頂きました記事無断転載ブログに関しまして調査を致しました。誠に申し訳ございません自動生成ブログシ整容ステムに裕様の複数の記事が検索され、結果、無断転載となってしまいました。検索キーワードは、愚、馬鹿、はらへりでございました。ロボットに他意はございませんが、弊社管理責任を問われても致し方ない所存でございます。改めてお詫び申し上げる次第です。しかも、裕様の心証を害してしまい、ここ近々の裕様のブログの内容文体が柄にもなく重々しくなって居られるご様子。はらへり馬鹿ブロ愚をお待ちかねのご愛読者様方へも、結果、ご迷惑をお掛け致して居ります。何卒、普段の内容文体へ早期のご復帰を勝手ながらお願い申し上げる次第でございます。これ以上、裕様のご執筆活動に支障を来たすわけにも参りませんので、弊社内にて協議を致し、スタッフ一同、徹夜にてご対応させて頂きました。結果、無断転載ブログの原本でございまするところのピアノは私だ、こちらの方を全面削除させて頂きました。今後は、弊社のブログのみとなり、結果、記事の無断転載という不合法な営利は数学上なくなる計算となります。以上、貴ブログの益々のご発展を心よりお祈り申し上げ、弊社のお詫びに代えさせて頂きたく存じます」

「ご担当者様へ。迅速なるご対応、切に御礼申し上げます。ありがとうございました。これで、すっきり致しました。深謝致します」裕イと、くだらないことを考えた。ところで、昨日の記事。やはり、先ほどまで、削除しようか考えていた。なんか、何様なの? 偉そうにっ! と読まれることを危惧していた。誤解の発端を恐れていた。それから、下書き記事「文豪裕伊佐夫」、こちらもアップを躊躇。結果、お笑いショートショートを書いてしまった。そして、自分の記事を開いて見た。ありがたいことに拍手を頂き、インポイントまで、ほっとするとともに励まされた。やはり、分かってくださる方々がいらっしゃる。ありがたいことです。なんか、ひとりでいきり立っているような不安が脳内を数日過っていたから、本当に嬉しかったし、心より御礼申し上げます。


八月。こちらフランスはバカンスの真っ只中。私の住む人口三万人の小さな町もシーーーンとしている。それでなくても非常に静かなところなのだけれど、八月に入ると人気がなくなる。皆さん、諸々のところへお出掛けの模様。私の家族も蜂の子散らしたように、皆、旅行。出不精のおやじである私だけシーーーンとした町の中でポツンとしている。とはいえ来週はドルドーニュ地方の東の方に行ってくるから、今週はぼーとしていたい。